学科・コース紹介 EDUCATION

美術科

美術・デザインを通し、
社会に貢献するスペシャリストを育成。

中部圏で「美術科」を設置する唯一の私立高校です。美術・デザイン系の大学進学を見据えたカリキュラムで、専門的な技術と知識の双方を学び、豊かな感性を養います。デッサンの授業は3年間継続し、補習も実施します。1年次に全専攻を学び、2年次1学期からは日本画・油絵・彫刻・デザインから2科目、2学期からは1科目を専攻し、より専門的な技術を培います。豊かな感性と同じ志を持つ仲間、現役アーティストである教師陣から刺激を受け、制作に集中できる環境です。

美術科の3つのPOINT

1年次からデザインと
美術の両方を学習
1年次から、IllustratorとPhotoshopを使用してデザインを学習します。絵画(日本画・油絵)、彫刻、デザインを基礎から学習することで、幅広い表現方法を身に付け、自分の目指す分野への理解度も深めます。制作の着想や発想を得られるよう、美術・デザインの歴史や著名な作家の精神についても学びます。
授業として週10時間以上が
作品の制作
1・2年次には、素描と専攻実技の時間が8時間、補習の時間を加え10時間、3年次には15時間、授業として作品制作を実施します。制作の始まりから終わりまで、集中して制作に向かえる環境づくりと、丁寧な個別指導を心掛けています。作品の完成後には、全員の作品を講評し、次の制作への足掛かりを築きます。
古今東西の表現技法を
学べる専門的な空間
素描室には約150体の石膏像を用意しています。様々な石膏像を描くことで、基礎的デッサン力を養い、美術系大学の入試対策になります。彫刻室には材料や各種工具を完備し、大型作品に対応した巨大な粘土槽も設置しています。日本画室は、床上での制作を想定したフローリング仕様で、キジや鴨などの剥製も備えています。

進学実績

国公立大学現役合格者数

合格実績

東京藝術大学/筑波大学/愛知県立芸術大学/愛知教育大学/静岡文化芸術大学/金沢美術工芸大学/長岡造形大学/尾道大学/ 沖縄県立芸術大学/武蔵野美術大学/多摩美術大学 その他多数

卒業生インタビュー

  • 東京藝術大学(彫刻)合格亀田 満紀史さん(2019年卒業)|瀬戸市立南山中学校出身
    美術科の先生方は現役で活躍されている芸術家で、一人ひとりが独自のビジョンやセオリーを持っています。そのため授業が面白く、毎日刺激を受けながら、技術と感性が磨かれました。

  • 愛知県立芸術大学合格遠藤 優希さん(2019年卒業)|春日井市立石尾台中学校出身
    美術の課題に1つ1つ時間をかけ取り組む中で作品制作への熱意が高まりました。受験に向けても、先生方が最後まで本当に熱心にサポートしてくださいました。校内が常に清掃され心地よく学べる環境も東邦高校の魅力です。

3年間の学び

学びの流れ

カリキュラム

コースカリキュラム(週32時間)

特徴ある取り組み

  • 表現技法を学べる専門的空間

    素描室には約150体の石膏像を用意しています。様々なパターンの石膏像を描くことで、基礎的なデッサン力が養われ、美術系大学の入試対策になります。彫刻室には石膏、材木などの材料や、制作に用いる各種工具を完備しています。大型作品に対応した巨大な粘土槽も設置しています。日本画室は、床上での制作を想定したフローリング仕様です。絵の題材として、キジや鴨などの剥製も備えています。
  • 石膏

    石膏像とは、素描のモチーフとして、古代ギリシャ・ローマやルネサンスなどの時代に作られた彫刻作品を粘土で模造し、石膏で型取ったものです。小型の頭像、胸像、半身像、大型の全身像まで幅広くあり、ギリシャ神話に登場するビーナスやマルス、政治家シーザーや彫刻家ミケランジェロなど著名な人物の肖像彫刻もあります。球体や円柱など基礎的な幾何形体を含め、本校では約180体もの石膏像を用意しています。