東邦メソッド TOHO METHOD
キャリア教育

生きる力を養う
東邦高校のキャリア教育

社会環境の変化や産業・経済の構造的変化を背景にして、キャリア教育の重要性が叫ばれるようになりました。キャリア教育のねらいは、学校で学ぶ若者たちが、「生きる力」を身につけ、将来、自立した社会人となっていくことです。東邦高校では、従来の進路学習に加え、社会と接続する本格的なインターンシップや探究プログラムを導入しています。東邦のキャリア教育は、学校の諸活動を通して仲間と協力し問題解決を図る中で、自分を知り自らの進路について深く考え行動できる態度と力を養います。

主なキャリア教育プログラム

企業探究プログラム(コーポレートアクセスコース)
2012年度から一年生を対象に、企業探究コース(コーポレートアクセス)を取り入れています。教室にいながら実在する企業のインターンに取り組む教材です。企業からのミッションにグループで取り組み、社会や経済の仕組み、働くことの意義や、やりがい、大変さを学ぶプログラムです。

クエストカップで企業賞を受賞!
普通コースと美術科1年生全員が「クエストエデュケーションプログラム 企業探究コース」に1年間打ち込みます。このプログラムは、決まった答えのない課題に取り組む探究型の学習で、教室にいながらインターンシップを体験し、企業からのミッションに対して皆で協力し、調査・研究・議論を行い、導き出した解決策をプレゼンテーションします。「クエストカップ」という全国大会も開催され、本校は6年連続で出場を果たし、2015年度には企業賞を受賞しました。

クエストエデュケーションプログラム 企業探究コース 2018年度 協賛企業

インターンシップ
本校では1・2年生を対象にインターンシップを実施しています。実際にいろいろな職場で働くことを体験すると、将来の「働く自分」のイメージができ、生徒自身が大きく成長します。そして、実習終了後、インターンシップを通じて学んだこと、感じたこと、今後の課題などをまとめて、教職員や生徒の前で報告会を行います。

講座:プロフェッショナルに聞く
警察官や弁護士、音楽家やモデルなど、様々なジャンルで活躍されている方を招き、仕事のやりがいや難しさなどを詳しく伺います。多彩な分野のプロの体験談を聞くことで、健全な職業観が形成されるのはもちろん、職業の比較検討も行えるようになり、将来の目標が立てやすくなります。

高大連携授業
愛知東邦大学キャンパスで行う「総合学習」では、大学の先生方による20講座から学ぶ事ができます。また、提携校である愛知大学の模擬授業では、年間を通して7回程の授業を本校を会場にして受講する事が可能です。

キャリア教育プログラム一覧

キャリア教育プログラム一覧
養いたい能力 1年生 2年生 3年生
キャリア
プランニング能力

教科学習 / 実力考査

高大連携講座 / インターンシップ

講座
「プロフェッショナルに聞く」

キャリアガイダンス

進路ガイダンス

企業探究プログラム

教育提携大学模擬講座

面接・小論文個別指導

   
課題対応能力

教科学習 / 夏期補習 / 学園祭 / クラブ活動 / ESD

インターンシップ

企業探究プログラム

面接・小論文個別指導

   
自己理解・
自己管理能力

朝読書 / 教科学習 / インターンシップ / 学園祭 / クラブ活動

講座
「プロフェッショナルに聞く」

キャリアガイダンス

分野別進路ガイダンス

   
人間関係形成・
社会形成能力

競技大会 / 学園祭 / クラブ活動 / ESD

インターンシップ / 予餞会

遠足

学級合宿

修学旅行

企業探求プログラム

   

STUDENT’S VOICE
「伝える」ために大切なことを
企業探求プログラムで
学ぶ・実践する

企業探求プログラムのインターンシップ体験に参加して強く感じたことは、みんなそれぞれその人なりの考えを持っていて、グループワークやディスカッションを行っていく上で、自分の考えを前に出していくだけではうまく伝わらず、相手の意見をしっかり聞いて理解することが大事だということでした。
私は学校の先生の負担を減らすロボットをテーマにプレゼンテーションを行いましたが、相手の心に響くよう、強弱をつけたり感情を込めることを心がけました。