東邦メソッド TOHO METHOD
ICT教育

デジタルネイティブ時代に必要な
ICTリテラシーの向上

文部科学省は21世紀にふさわしい学びと学校の創造を目指し、「教育の情報化ビジョン」を公表しました。これは「21世紀を生きる子供たちに求められる力」として「生きる力」を身につけるとともに、情報活用能力と情報通信技術を効果的に活用した分かりやすく深まる授業の実現を目指すものです。本校では、その実現に向けて、校内の環境整備を行い、情報教育の充実、校務の情報化、ICT活用を推進しています。

ICT教育の特色

Wi-Fi環境を利用した調べ学習
3教室ある情報教室(Win2 教室)はもちろんですが、校舎内の全てにおいてWi-Fi通信が可能です。総合の授業で、生徒1人に1台対応のiPadやパソコンを利用して調べ学習が可能です。生徒が主体的に問題を発見し、答えを見出していく能動的学修(アクティブラーニング)を行います。

各教科での授業に活用
各教室には、スクリーンとプロジェクターや電子黒板を配備しています。全教員が持つSurfaceを利用して授業を行う事ができます。写真や動画の活用により、学びが深まります。教員は、情報の共有と校務の合理化を行い、生徒との時間や授業準備に時間を掛ける事が可能です。

ビデオ会議システムで教室を世界へつなげる
インターネット回線を利用し、海外姉妹校の生徒たちとグローバルミーティングを実施しています。自己紹介や学校紹介を交わすだけでなく、多くの課題に直下する世界遺産について論議します。日本にいながら、海外姉妹校の生徒たちと繋がり、世界の問題を考えます。東邦高校の教室は地球です。

STUDENT’S VOICE
自分の興味・知識の幅を広げ、
新しい学びのかたちをつくる
ICT教育

タブレットを活用した授業では、自分が興味を持ったことをすぐに調べることができ、そのことについてより深く知ることができます。 みんなで様々なことを調べながら授業を行い、幅広い情報をまとめていくことで、物事の様々な側面やそれまで知らなかった新しい事実を知ることができます。
その他にも、授業の予習・復習や、気になったことをその場で調べる場合などに活用しています。