学科・コース紹介 EDUCATION

美術科

美術・デザインを通し、
社会に貢献するスペシャリストを育成。

中部圏で「美術科」を設置する唯一の私立高校として、アートの専門分野を幅広く学べます。美術・デザイン系の大学進学を見据えたカリキュラムで、技術と知識の双方を学び、豊かな感性を養います。デッサンの補習授業は週1回、3年間継続して実施します。 2年次1学期からは日本画・油絵・彫刻・デザインから2科目、2学期からは1科目を専攻し、より専門的な技術を培います。豊かな感性と同じ志を持つ仲間、現役アーティストである教師陣から刺激を受け、制作に没頭できる環境です。

美術科の3つのPOINT

1年次からデザインと
美術の両方を学習
1年次から、IllustratorとPhotoshopを使用してデザインを学習します。絵画(日本画・油絵)、彫刻、デザインを基礎から学習することで、幅広い表現方法を身に付け、自分の目指す分野への理解度も深めます。制作の着想や発想を得られるよう、美術・デザインの歴史や著名な作家の精神についても学びます。
授業として週10時間以上が
作品の制作
1・2年次には、素描と専攻実技の時間が8時間、補習の時間を加え10時間、3年次には15時間、授業として作品制作を実施します。制作の始まりから終わりまで、集中して制作に向かえる環境づくりと、丁寧な個別指導を心掛けています。作品の完成後には、全員の作品を講評し、次の制作への足掛かりを築きます。
古今東西の表現技法を
学べる専門的な空間
素描室には約150体の石膏像を用意しています。様々な石膏像を描くことで、基礎的デッサン力を養い、美術系大学の入試対策になります。彫刻室には材料や各種工具を完備し、大型作品に対応した巨大な粘土槽も設置しています。日本画室は、床上での制作を想定したフローリング仕様で、キジや鴨などの剥製も備えています。

進学実績

国公立大学現役合格者数

合格実績

東京藝術大学(7)/筑波大学(5)/愛知県立芸術大学(24)/金沢美術工芸大学(8)/京都市立芸術大学(1)/愛知教育大学(2)/広島市立大学(3)/沖縄県立芸術大学(3)/静岡文化芸術大学(1)/武蔵野美術大学(18)/多摩美術大学(25) その他多数

卒業生インタビュー

  • 筑波大学(デザイン)合格藤田 悠希さん(2018年卒業)|名古屋市立猪子石中学校出身
    自由に使えるアトリエをはじめとした充実した設備と素晴らしい先生に囲まれて過ごし、受験直前のデザインの授業でも多くの課題をこなしたことでスキルアップできました。将来はデザイナーになり、人の役に立ちたいです。

  • 愛知県立芸術大学(油画)合格伊藤 菜穂さん(2018年卒業)|名古屋市立守山中学校出身
    作品の講評を生徒間でも活発に行える環境で、作画技術や表現力が大きく成長。卒業制作など、大作に挑める機会もあり、自分の作品ともじっくりと対話ができます。今後も自分の軸を強く持ち、人の心を動かす絵を描きたいです。

3年間の学び

学びの流れ

カリキュラム

コースカリキュラム(週32時間)

特徴ある取り組み

  • 表現技法を学べる専門的空間

    素描室には約150体の石膏像を用意しています。様々なパターンの石膏像を描くことで、基礎的なデッサン力が養われ、美術系大学の入試対策になります。彫刻室には石膏、材木などの材料や、制作に用いる各種工具を完備しています。大型作品に対応した巨大な粘土槽も設置しています。日本画室は、床上での制作を想定したフローリング仕様です。絵の題材として、キジや鴨などの剥製も備えています。
  • 石膏

    石膏像とは、素描のモチーフとして、古代ギリシャ・ローマやルネサンスなどの時代に作られた彫刻作品を粘土で模造し、石膏で型取ったものです。小型の頭像、胸像、半身像、大型の全身像まで幅広くあり、ギリシャ神話に登場するビーナスやマルス、政治家シーザーや彫刻家ミケランジェロなど著名な人物の肖像彫刻もあります。球体や円柱など基礎的な幾何形体を含め、本校では約180体もの石膏像を用意しています。