行事 INFORMATION
行事

平和を願う「慰霊の日」

2017.12.5

今日は、本校生徒や教職員が平和を願う「慰霊の日」です。

1944年12月13日、第二次大戦末期、大規模な名古屋空襲の際、学徒動員より工場で働いていた東邦商業学校(当時)の生徒18名と教師2名が犠牲となりました。それから50年後、1994年12月に当時の生徒会と辰巳会(亡くなった生徒の同級会)が協力して調査を行い、当時の詳しい様子がわかってきました。そして、(株)三菱重工業名古屋工場(現在のナゴヤドームの近く)に保管されていた当時のコンクリート壁(銃弾によってえぐられた窪みが生々しい)の一部をいただいて、「平和の碑(いしぶみ)」と名付け、犠牲になった20名の慰霊と平和を願う気持ちをこめて、毎年この時期(二学期末考査の最終日)に碑の前で、献花式を行っています。