部活動 INFORMATION
部活動

放送部NHK杯高校放送コンテスト愛知県大会最優秀賞受賞!!

2017.6.19

6月18日、刈谷市産業振興センターにて、第64回NHK杯全国高校放送コンテスト愛知県大会の決勝戦が行われました。

東邦高校放送部は、アナウンス部門と創作ラジオドラマ部門で決勝に進出し、うちラジオドラマ部門は最優秀賞を獲得、

全国大会出場を決めました。

 

創作ラジオドラマ部門のエントリー校数は27校。そのうち全国大会への切符を手に入れることができるのは、

「最優秀」「優秀」の2校のみ。その難関を突破し、全国大会に出場することとなりました。

そして最優秀賞受賞は、初めての快挙でした。

 

ドラマは、主人公のひたむきな行動が、友人2人の心を動かすハートウォーミングなストーリーです。

3年生の副部長が、原案・脚本・監督・主演の1人4役をこなし、3年生4名・2年生2名の声優陣が、最高の演技を披露し、

その音源を3年生の部長が中心となり、丁寧に編集していきました。

 

東邦高校放送部ドラマ制作の特徴は、とにかく早く作り始めること。この作品も、昨年の12月から制作を開始しました。

年間番組制作数は2本。おそらく全国大会に出場する放送部の中ではもっとも少ない数だと思います。

10名程度の少人数で、勉強と両立し、決められた活動時間の中でドラマ制作を行うには、2本が限界なのです。

 

しかし、妥協はしません。8分しかないドラマですが、脚本は、何度も何度も書き直しました。

声優を任された部員は、納得できるまテイクが取れるまで、スタジオで録音し続けました。

編集を担当した部員は来る日も来る日もパソコンに向かい、部員全員、与えられた役割を粘り強くこなしていきました。

なんとか作品が完成したのは締め切りの1日前。チームワークで得た最優秀賞です。

 

全国大会は、7月25日、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟小ホールにて行われます。

全国から集まった高校生の前で、会場のスピーカーから自分たちの作ったがドラマが流れる。

今から待ち遠しいです。